電力コンサルティング事業

電気の使用状況を管理・分析により、お客様の企業運営に最適な設備改善、運用改善をご提供いたします。
専門のコンサルタントによる、電力に関する一貫したサービスとサポート体制で最適なソリューションをご提供いたします。
目先の数字( 削減) だけでなく、弊社システム導入による全方位的なメリットを最大限に引き出し、
継続して利益化できるコンサルティングサービスを目指します。

経営・財務コンサルティング事業

資金繰りや銀行取引に、困らない経営をするための財務基盤の構築をサポートいたします。
経営・財務コンサルティングが必要とされる背景には、
「業績は良いが、資金繰りに困っている」という実態が多く存在します。
資金不足による企業の成長スピードのロスをなくすため、銀行から機動的に好条件で資金を調達し、企業存続のための安定した財務基盤の構築を目指します。

主なコンサルティング内容
財務分析
事業計画の策定
銀行交渉アドバイザリー
資金繰り予想
資金管理体制の見直し/構築・運用
決算対策

得られる効果
1 既存借入の借入条件を適正化し、キャッシュフローやコスト体質を改善。
2 必要な時期に、必要な資金を調達するための資料や交渉方法を仕組み化。
3 財務責任者が銀行の審査基準を理解し、自信を持って銀行と交渉できるスキルの確立。
4 組織拡大により、複雑化する財務を効率的に管理する仕組みを構築。

保険コンサルティング事業

平成1 8 年4 月に施行された保険業法の改正により、新たな枠組みとして一定の事業規模の範囲内で
少額・短期の保険の引受のみを行う者について「少額短期保険業者」の制度が創設されました。
平成3 1 年( 2 0 1 9 年) 3 月末では、1 0 1 社の少額短期保険業者( 少額短期保険会社)が登録されており、各業者の持つマーケット、特徴のある保険商品を提供する事で、
保有件数は8 3 1 万件、収入保険料で1 0 3 2 億円の規模となっています。( 一般社団法人日本少額短期保険協会H P より)

少額短期保険業への新規参入を目指す方々への登録認可取得までのアドバイスや各種申請書類作成、また、既に事業を開始している少額短期業者様には、
新商品開発のアドバイス、事業費削減のための各種業務( 申込書入力業務、新契約引受査定、保険金支払査定、事故処理) 代行業務のご提供など、
少額短期保険業参入希望者様並びに共済事業様に寄り添ったアドバイス、業務のコンサルティングをいたします。