保険コンサルティング事業

平成1 8 年4 月に施行された保険業法の改正により、新たな枠組みとして一定の事業規模の範囲内で
少額・短期の保険の引受のみを行う者について「少額短期保険業者」の制度が創設されました。
平成3 1 年( 2 0 1 9 年) 3 月末では、1 0 1 社の少額短期保険業者( 少額短期保険会社)が登録されており、各業者の持つマーケット、特徴のある保険商品を提供する事で、
保有件数は8 3 1 万件、収入保険料で1 0 3 2 億円の規模となっています。( 一般社団法人日本少額短期保険協会H P より)

少額短期保険業への新規参入を目指す方々への登録認可取得までのアドバイスや各種申請書類作成、また、既に事業を開始している少額短期業者様には、
新商品開発のアドバイス、事業費削減のための各種業務( 申込書入力業務、新契約引受査定、保険金支払査定、事故処理) 代行業務のご提供など、
少額短期保険業参入希望者様並びに共済事業様に寄り添ったアドバイス、業務のコンサルティングをいたします。